京都聖母女学院短期大学

文字サイズの変更
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

児童教育学科

学びのポイント

POINT1:資格を取って、さあ社会へ! 夢を叶えた先輩がいっぱい。

卒業生のほぼ全員が、幼稚園教諭2種免許と保育士資格を取って、保育の現場で活躍しています。
また、例年約40名が小学校教諭2種免許も取得しています。

POINT2:幼稚園・小学校・学童保育が併設されたキャンパス。子どもと毎日ふれ合えます。

キャンパス内で幼稚園や小学校の子どもとふれ合えるのが、聖母の強みです。体験学習やボランティアなどを通じ、子ども目線のものの見方や感受性を養えます。

POINT3:実践力が身につくカリキュラム。先生との距離がとても近い!

現場で活躍できる力を養うカリキュラムを用意しています。
ゼミは先生1名に対して学生10名以下の少人数制なので、しっかりサポートしています。

コースの特色

こども教育・こども文化・こども表現・こども家庭支援という4つのフィールドに分かれ、それぞれのフィールドの学びを深めます。 教育者・保育者に必要な力を身につけた集大成として、2月の聖母こどもフェスティバルで地域のこどもたちと過ごす大きなイベントを実施します。

学びを深める4つのフィールド

こども教育フィールドこども文化フィールドこども表現フィールド子育て支援フィールド

教育・保育方法を学ぶ こども教育フィールド

実践を通して教育・保育方法を学びます。

教育・保育方法を学ぶ

近年、保育所・幼稚園と小学校との連携が強く求められています。12年間の子どもの発達を見通して、教育・保育実践やカリキュラムについて学びます。

ページの先頭へ戻る

文化や環境を理解する こども文化フィールド

暗闇のなかで光るブラックライトシアターを作り演じます。

子どもの文化や環境を知る

子どもたちをとりまく文化や環境について幅広く学び、ペープサート(紙人形劇)などの保育の実践力を高めます。

ページの先頭へ戻る

創造性や感性を育む こども表現フィールド

体を動かすことや表現活動に取り組んでみる。

創造性や感性を育む

造形・音楽・身体表現を中心に、子どものなかにある想像力や豊かな感受性を育んでいく方法を学びます。

ページの先頭へ戻る

保護者支援力を身につける 子育て支援フィールド

親子が集うひろばへ出前保育。今日は手型スタンプです。

家庭支援の実践力を育む

子どもとその家庭の両方を支える保育者になるために、地域の子育て支援活動について学び、親子を対象とした取り組みを行います。 

  • 学びのポイント
  • こども教育<小・幼・保>コース
  • こども教育<幼・保>コース
  • 教育実習・保育実習
  • カリキュラム/科目
  • 児童教育学科 教員紹介

ページの先頭へ戻る