京都聖母女学院短期大学

文字サイズの変更
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

児童教育学科

こども保育<幼・保>コース

保育のスペシャリストを育てる

①幼稚園教諭2種 ②保育士 ③児童厚生2級指導員 ④レクリエーション・インストラクターの、
4つの免許・資格を卒業と同時に取得できるコースです。

コースの特色

保育のスペシャリストになるために。専門性を高める学び。

保育の現場では、長時間保育、障がい児保育、預かり保育など、幅広く対応できるスペシャリストが求められています。 本コースでは、特に乳幼児期の子どもについて重点的に学びつつ、保護者サポートに必要なスキルを習得します。

進 路

・幼稚園 ・保育所 ・認定こども園 ・院内保育所 ・ベビーシッター ・乳児院 ・児童養護施設 ・障がい児施設 ・児童館 ・学童保育 他

CHECK 資格を生かす

幼・保両方の資格を持った人材が社会で求められています。

幼稚園の満3歳児就園や預かり保育の広がりや、幼保一元化の動きがあるなかで、 幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を取得する意義が高まっています。 児童厚生2級指導員やレクリエーション・インストラクターの資格があれば、 遊びを通した保育の実践力が育まれ、よりニーズに応えることができます。

児童教育学科卒業生からのメッセージをご紹介!
  • 学びのポイント
  • こども教育<小・幼・保>コース
  • こども教育<幼・保>コース
  • 教育実習・保育実習
  • カリキュラム/科目
  • 児童教育学科 教員紹介

ページの先頭へ戻る